初めての渋皮煮

栗を少しもらったので、初めて渋皮煮を作ってみることにしました。

鬼皮をむくのに、栗をひたひたの水につけて、日にかけ、沸騰したら2分煮て火から下ろします。

手で触れるくらいまで冷ますのですが、待ってられないので(せっかち)、スプーンで1個取り出しては、少し水につけ、触れるくらいで剥いていきます。

完全に冷めちゃうと、また剥きにくくなるので、熱いうちから作業した方が効率がいい。

冷めちゃったら、また鍋を火にかければ大丈夫。

で、触れるくらいになった栗の鬼皮のおしりを、少し包丁で剥きます。

皮が柔らかくなっている状態とはいえ、危ないので、まな板に置いて、包丁で切りました。
d0151138_10142134.jpg


少し落とせば、そこから手で剥けます。
d0151138_10141816.jpg

これは、ちょっと渋皮までむいちゃってるので、後でここから割れてきます。渋皮を剥かない程度に包丁を入れます。

ここは、ざっくり剥いて。
d0151138_10143595.jpg


栗とひたひたの水にベーキングパウダー(重曹がなかったので)を大さじ1入れて、鍋を火にかけます。
d0151138_10144948.jpg


沸騰してしばらくおいたら(適当)、湯を捨て、水にとり、指の腹でこすって、もけもけした部分を取り除きます。
(結構メンドーだけど、こういう作業好き)
d0151138_10151681.jpg


このあく抜きを3回ほど繰り返して、最後にきれいな水と、栗の重量の半分の砂糖で(ザラメがあったので、ザラメを使いました)煮ていきます。

煮ては、冷まして、煮ては冷まして・・・を繰り返して、さらに一晩置きます。

それをさらに煮詰めたもの。
d0151138_1016127.jpg

ちょっとずつ家族でつまみ食いをしたので、だいぶ数が減りました。

ブランデーを入れると、次女が食べられないので、6粒だけ、マロングラッセもどきを。

何年前のかわからない製菓用ブランデーを使ったので、すぐ香りが飛んじゃって、あんまり意味がなかったです。
d0151138_10155355.jpg


めっちゃ、手間も時間もかかって、大変だったけど、楽しかった~♪

煮詰めたら、シロップが渋くなっちゃったので、あく抜きがたりなかったのかも。

煮詰めすぎちゃったかな。

また栗もらうことがあったら、やってみよう。
(自分で買ってまではやらない)


よろしければ1日1回ぽちっとお願いいたします。
コメントもいただけると、嬉しいです♪
どちらを押していただいても、入るポイントは同じです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
にほんブログ村
[PR]

by pompom_2004 | 2012-10-07 10:26 | ケーキ・パン