学区再編

兵庫県の公立高校の学区が再編される動きがあるのは、前々から報道されていたのだけれど、だんだん具体的になってきた。

兵庫県独特の総合選抜制度っちゅうのが、少し変わって複数志願制度っていうのになって、うちの地域も現高3の入試時より変わった。

制度が変わる時って、過渡期は混乱するでしょ。

初年度はやっぱり混乱してたようで、長女は2年目でまだよかったと思ったものです。


今度の改革は、県内16学区あるのを、5学区にするというもの。

うちの学区も5つくらいがくっつく予定。

それにたいするパブリック・コメントを今月中に募集しているらしいのだけれど。

遅くとも26年度までに実施されるのが望ましいって書いてあるし・・・

次女、25年度入学予定。

いくらなんでも現中3には間に合わないだろうから。

現中2の次女が初年度っちゅうのは避けてほしい。

隣接学区に行かせたい高校がないわけではないので、数年前に(といっても長女入学時は嫌だから今年くらい?)実施だったらよかったんだけどな。

総合選抜制度で、ほとんどの子が自転車か徒歩通学だった地域で、学区統合は通学距離も遠くなって、どうなんでしょうね。

長女の通う高校は、県のはじっこなので、地理的に希望者を集めにくい。

先生たちが躍起になって進学実績をあげようとしているけれど、今の地位を維持できるのだろうか。
[PR]

by pompom_2004 | 2011-07-03 00:20 | こども